太陽光発電で意外と見落としがちなのが、設置後の音に関する問題です。
ソーラーパネルのイメージが先行しているために、音がしない静かな発電方法というイメージを持っている方もいるでしょう。
しかし、太陽光発電システムには電気を家庭内で使える形に変換するパワーコンディショナーという装置が必要不可欠です。
このパワーコンディショナーが動いている間は騒音が発生する可能性が出てきます。
空き地一面にソーラーパネルを配置するのではなく、自宅の屋根に設置する程度であればそれほど音は大きくありません。
また、太陽光発電が行われている間に音が発生するので、騒音が気になりやすい夜間は基本的に静かです。
しかし、設置場所によってはどうしても気になってしまうケースが出てきますし、子供がいる場合はモスキート音が問題となることもあります。
音に悩まされるリスクを負いたくないのであれば、室外タイプのパワーコンディショナーを選んで対処するのが良いでしょう。
ただし、室外タイプの場合、近所に住む人との騒音トラブルに発展する可能性があります。
漫然とパワーコンディショナーを設置するのではなく、設置した後に迷惑をかけることがないか検証した上で導入しましょう。

太陽光発電の音について詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
太陽光発電 音

関連記事


    太陽光発電は、ソーラーパネルの表面を照らされる太陽光の向きに合わせて設置して固定するだけで、発電システムとして稼働してくれます。 発電部に可動部分が無いため、装置の故障に悩まされにくいです。 また、太…