外壁塗装にはいろいろな各種メーカーがあります。
主に代表的なものは関西ペイント、日本ペイント、ロックペイントなどなど多数あります、今言った3社は自分の主権の中でランク付けで行った3社であります。
初めての方もいると思いますけれども、もちろん関西ペイントが業界ではトップかなと言うふうに思います。
ロックペイント、日本ペイント、関西ペイントの順番であります、弱溶剤型塗料の中でもロックペイントもシリコン剤の2液型の塗料を出していると思いますけれども以前使用した際にあまりにも関西ペイントの弱溶剤型と量の違いがはっきりわかりました。
ロックペイントの弱溶剤型シリコンは塗料用シンナーでの希釈が混ざりやすい、いくらでもシンナーを入れられると言うふうな感じがしました。
それと反対に関西ペイントの弱溶剤型シリコンは塗料用シンナーがとても混ざりにくいと言うふうに感じました。
なぜシンナーが混ざりにくいと良い材料なのか?私見になると思いますけれども、シリコン成分が多いと言うふうに思います。
シンナーに溶けやすいと言うのはやはり塗料自体の成分が弱くシリコンならシリコンの成分が少ないためにシンナー手の伸ばしが簡単にできるというふうに思います。
外壁塗装について詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 塗料メーカー 記載

関連記事


    キッチンのリフォーム費用につきましては、買い求める製品とかクォリティー、作業レベルなどにより色々です。 平均的な価格帯は、製品と工事費を合わせて、100万円前後だと教えられました。 マンションのリフォ…