マイカーの査定の要点として焦点を当てられるもののひとつに走行距離がまず考えられます。

通常走行距離イコール、自動車の寿命とされるケースもありますのでその車の走行距離が長いとそれだけ見積もりにはマイナス要因になります。

一般的には走行距離は少ない方が中古車の査定額は増えますが実際のところあまり詳しい基準はないので、定められた目安で査定が行われます。

これは実際中古車を車買取専門店に下取りする際も重視される買取査定の重要なポイントです。

例えば普通車では年間で10000キロが基準としてこの走行距離以上だと大抵マイナス査定になるのです。

軽自動車の場合、年間標準走行距離が8千キロがまた年式が古い割に距離がとても少ないとしても見積額が高額になるというものでもありません。

実際、やるとよく感じられると思いますが車は定期的に乗ることで車両のコンディションを維持しますからあまりにも走行距離が短い自動車であれば、故障のリスクが大きいと見られることもあります。

これは中古車を手放す場合でも同じことです。

年式・走行距離に関しての見積査定のポイントは年式と比べて適した走行距離になっているかという点です。

そして自動車の初年度登録からの経過年数も、中古車の見積査定の重要な留意点です。

しっかりと理解しているといったかたもたくさんいると思いますが、通常は年式については最近であるほど査定には有利なのですが例外としてその年式の車にプレミアが付いているものは新しくない年式でも高値で査定されるケースがあります。

、同一の車種で同一の年式であってもちょうどその年にマイナーチェンジやモデルチェンジがなされているケースは当然それぞれのモデルによって見積額は異なります。

同グレードの中古車の下取り額と言っても様々なケースで車の評価は大きく変わってきます。