キャッシングカードを持っていますが利息が高いように思い、ローン会社へ問い合わせしてみたのですが、こちらの場合は無担保なので、そのような利率なのですなどと告げられました。担保なしのキャッシングカードとはどんなような事なのでしょう。斯様な疑問に回答しましょう。担保が存するとはどんなありさまに関することを指すのでしょう。キャッシングサービスの際使用目的というものが任意になっている借金などで担保契約をしていないケースといったようなものがたいていであって、そういったことを無担保カードキャッシングというふうに言っています。自動車ローンなどというものは購入するものというのが決定してますから、購入した物品に担保などを設定するのです。こういったものが有担保カードキャッシングというように呼称されているのです。有担保ローンについての長所は、抵当権が存在する分利息が低い金利にされている点なのです。するとキャッシングに担保というようなものを契約し利子に関して低水準にしておいた方が徳であると勘案するかもしれないのですけれども、何かの拍子に返済できなくなってきた折は担保物を差し押さえられる事になりますので、そういった無策な事をしたい人というのはいないと思います。担保などを契約設定できるカードキャッシングといったようなものも有りますが、ご自分の信用で使えてしまうのですから利息に対する差くらいについては見逃すと考えるのが一般的なのです。そして給料生活者のような収入が安定の方は信頼というのもあり、ことさら担保というものを設定せずとも金融機関のカードを発行する事が出来、個人事業者だと所得というのが安定してないといったことから、担保の設定などを求められてしまうときが有ります。ローン会社というようなものは貸し出ししただけでは売り上げがないのです。利息取立てした以降初めて収益を得るのですから当たり前な要望でしょう。したがって無担保で借入できてしまう信用性といったようなものが有るということは大きい意味というようなものが存在したりするのです。